Speaking Design

Blogブログ

何から手をつければいい?初心者が独学でWebデザイナーになるために

何から手をつければいい?初心者が独学でWebデザイナーになるために

独学でWebデザインを勉強する際、どこから何から始めればいいのでしょう?
スクールではどのような順序で教えているのかも気になりませんか?

講師として、Webデザイナーになるためのカリキュラムにがっつり触れてきた私が、一般的なスクールでの学習順序も踏まえながら、独学での学習プランの立て方について提案します。

目次

絶対に必要なスキルはこれ

そもそもWebデザイナーを名乗るために、最低限どんなスキルがあればよいでしょう。
Webデザイン周りの言語やアプリケーションはたくさんあります。知識・技術のキャパが増えるほど、作品にさまざまな機能をつけられるようになりますが、一番最初から絶対に必要なのはこの4つだけです。

言語

Webページを作成するにあたって、最低限必要な言語です。
・HTML
・CSS

アプリケーション

デザインを作成するためのアプリケーション(ソフト)です。
アプリケーションに関しては選択肢がたくさんありますが、ここでは業界シェアが最も高い2つを想定して話を進めます。

・Illustrator
・Photoshop

この4つに関して、引き続きどこから手をつければ良いのか見てきます。

言語系の学習順

それぞれ言語の役割として、HTMLで構成した内容をCSSで装飾するという分担なので、以下の順番は確定です。
1.HTML
2.CSS

アプリケーション系の学習順

次にアプリケーションですが、私が勤めていたスクールでは全て、
1.Illustrator
2.Photoshop
の順番でした。

後に自分でプライベートレッスンを始めた際、無意識にこの順番で組み立てましたが、今改めて考えると、逆でも全く問題ないと思います。
ただ、覚えるべき操作の数や難易度でいうと、Illustrator > Photoshopです。難所を先にこなしてしまうか、後に回すかというお話はあると思います。

言語とアプリケーションの学習順

では、言語系(HTML/CSS)とアプリケーション系(Illustrator/Photoshop)はどちらを優先すればよいのでしょう。

スクールでは必ず以下のプロセスで学習します。
1.Illustrator/Photoshop
2.HTML
3.CSS
もしくは月曜にイラレ、水曜にHTMLなどのように、同時進行で進めます。
理由は明快で、どんなWebページにしたいか、先にデザインを用意しないと制作できないからです。

ただ独学の場合は、テキスト等に掲載されているサンプルのデザインをお題にして、先にHTML/CSSだけを勉強してしまっても問題ないと思います。

コードから先に手をつけるメリットとして、次に書く通り、アプリケーション代の負担がないと言うのがあります。

HTML/CSSから始めるメリット:無料で始められる

学習用テキストやパソコンの調達を除けば、HTML/CSSの学習環境は無料で整える事ができます。
ソースコードを記述するに当たって、一般的に『テキストエディタ』と呼ばれるアプリケーションを使うのですが、良質なフリーソフトが多数あるので、0円で始められるんですね。

一方Illustrator/Photoshopを使用するには、アプリケーションのライセンス料(現在サブスク制になっています)が発生します。

後ろ向きな話ですが、学習半ばで断念するケースもこれまで少なからず見てきました。
その可能性を考えると、経費のかからないものから消化していく、という進め方もいいのかなとは思います。

Illustrator/Photoshopから始めるメリット:学習中でも仕事が始められかもしれない

スクールではまずIllustrator/Photoshopの習得を目指すとは先に話した通りですが、個人的にもう一つ、デザインができればバナー制作などの仕事を請け負える可能性があるのも利点だと思います。
Illustrator/Photoshopで多少のお小遣いを稼ぎながら、引き続きHTML/CSSの学習を進めるのって悪くないですよね。

HTML/CSSだけが使える状態では、コーダー業務(提示されたデザイン通りにWebページを組み上げる仕事)を請け負える可能性もあるのですが、作業中にちょっとした画像編集作業が挟まる事もあるので、コードの知識だけだと少し心配です。

まとめ

  • 言語の習得:HTML、CSSの順番で2つとも習得する必要がある
  • アプリケーションの習得:おすすめはIllustratorとPhotoshop。どちらから手をつけてもOK
  • 言語の学習から始めるメリット:最初はコストがかからない
  • アプリケーションの学習から始めるメリット:バナー作成などの仕事ができる可能性がある

基本スキルの習得に関して、絶対の学習手順はありません。
スクールに行けばこの辺りで頭を悩ます必要はありませんが、独学だと自由であるがゆえに、いろいろ迷ってしまいますよね。
一方で、自分にピッタリの学習計画を立てられるのが独学の強みだと考えることもできます。
効率の良い学習プランは人それぞれ。
自分だけのベストカリキュラムを考えてみてくださいね。