Speaking Design

Blogブログ

Googleサーチコンソールとは?おいしいの?設定方法も紹介

Googleサーチコンソールとは?おいしいの?設定方法も紹介

検索順位や表示された回数など、Google検索におけるサイトの活躍具合を知る事ができるのがGoogleサーチコンソール(Google Search Console)です。
簡単かつ無料で設定できるので、ぜひ使ってみましょう。

目次

Googleサーチコンソールでわかること

Googleサーチコンソール(Google Search Console)は、運営しているWebサイトに関して、Google検索結果周りの分析ができるツールです。

一例として、こんな事がわかります。
・検索順位
・検索での表示回数
・クリック率

Googleアカウントを持っていれば無料で使用できるので、活用しない手はないですね。
登録と設定の方法は、以下の通りです。

サーチコンソールにアクセス

Googleアカウントでログインした状態で、サーチコンソールにアクセスします。

サイトを登録

続いてプロパティタイプを選択して、サイトを登録します。
『ドメイン』と『URLプレフィックス』、2種類の方法がありますので、目的に適った方を選択します。

プロパティタイプの選択画面
左が『ドメイン』、右が『URLプレフィックス』

ドメイン

ドメイン単位で指定する方法です。
例えば『company.com』を指定した場合、以下のようなURLも対象になります。
・http://company.com/
・https://company.com/
・http://www.company.com/
・http://blog.company.com/

『ドメイン』で設定する場合、この後の工程でサーバーのDNS設定の編集が必要になります。
サーバー管理の事情等で編集権限がない場合は『URLプレフィックス』の方を使いましょう。

URLプレフィックス

指定したURLのみが対象になります。
例えば『https://company.com/』を指定した場合、以下のURLだけが対象になります。
・https://company.com/

以下は対象外になります。
・http://company.com/
・https://www.company.com/
・https://blog.company.com/

例えばメインサイト(https://company.com/)とブログ(https://blog.company.com/)を別々に計測したい、などと言う時にはこちらが便利です。

所有権の確認

さて、ここまでの工程だけを見ると、自分が所有していない、世界中のどんなサイトも設定できてしまいそう、逆に、他人も自分のサイトを設定できてしまいそうですよね。

なんて事にならないよう、次のステップではサイトの『所有権の確認』という作業を行います。
こちらは『ドメイン』と『URLプレフィックス』でやり方が異なりますが、いずれもサーバやHTMLファイルなどに手を加える必要があるので、サイトのオーナーしかできない作業です。

つまりサイトの所有者でなければ、サーチコンソールの設定はできないと言うことになりますね。

『ドメイン』を選んだ場合

DNS設定を編集することで確認作業を行います。
前述したように、DNSの編集権限がなかったり、そもそも、こうした作業にニガテ意識がある場合は『URLプレフィックス』で進めれば大丈夫です。
実際の作業工程ですが、まずドメインを入力します。

『ドメイン』を選択した場合の、所有権の確認作業
『ドメイン』に設定したいドメインを入力(例:company.com)

『続行』ボタンを押すと、TXTレコードが出力されます。

TXTレコードが作成される
TXTレコードが出力されるので、コピーする

コピーしたTXTレコードのテキストを元にDNS編集を行えばよいのですが、編集先はお使いのサーバーによります。
例えば、私が使用しているスターサーバーでは、ここから登録できます。

スターサーバーの管理画面
スターサーバーでは管理画面 > 『ドメイン』 > 『G Suite簡単設定』で設定できます。
『コンテンツ』の欄にTXTレコードが入っています。

設定をサーチコンソールが認識するまで少し時間がかかるようです。私も数分待ちました。

『URLプレフィックス』を選んだ場

続いて『URLプレフィックス』バージョンの設定方法です。
設定したいURLを入力します。

『URLプレフィックス』を選択した場合の、所有権の確認作業
『URLプレフィックス』にURLを入力(例:https://company.com)

『続行』ボタンを押すと現れる選択肢のうち、いずれかの方法で、やはり所有権の確認を行います。

『URLプレフィックス』では、所有権の確認作業の方法が複数あります
提示されたいずれかの方法で、所有権の確認作業を行う

『HTML』や『タグ』などの文言が見受けられるので、パッと見『ドメイン』の方よりとっつきやすく感じるのではないでしょうか。
選択肢は以下の通りです。

HTMLファイル

画面上に生成されたHTMLをダウンロードして、『アップロード先』に表記されている場所にアップロードする方法です。
FTPが使えれば可能な作業です。

HTMLタグの挿入

画面上に表示されたメタタグを、指定位置に貼り付ける方法です。
HTMLの編集ができれば可能な作業です。

Googleアナリティクス

すでにGoogleアナリティクスを使用している場合は、トラッキングコードを使用して所有権確認を行うこともできます。

Googleタグマネージャー

Googleタグマネージャーコンテナスニペットコードを使用して、所有権確認を行うこともできます。

ドメイン名プロバイダ

『ドメイン』の設定と同様の方法です。

これで、『URLプレフィックス』の場合の所有権の確認作業は完了です。

サイト(プロパティ)を削除する

最後に、設定したサイト(プロパティ)を削除する方法にも触れておきます。
画面左上から、削除したいサイト(プロパティ)を選択し、『設定』画面の『プロパティを削除』をクリックすると削除する事ができます。

サーチコンソールの「設定」画面
『設定』画面の『プロパティを削除』をクリック

まとめ

こうした作業、初めは億劫で難しそうに感じてしまうかもしれませんが、流れだけ掴んでしまえば何てことないですよね。
サイトの状態をメンテナンスするのに役に立つ機能ですので、積極的に使っていきましょう。