Speaking Design

Blogブログ

バナー作成練習。ムダを省いてさっさと上達するやり方

バナー作成練習。ムダを省いてさっさと上達するやり方

副業としてのバナー制作練習や、Webデザイナーへの学習ステップとして、バナーを模写する方法があります。バナートレース。略してバナトレ笑
作業そのものは既存のバナーを写しとるだけなんですが、アプリケーション操作やデザインのよい勉強になるんですよね。
ただ、効率よく学習しないと、無駄に時間を使ったり、頑張った割にあまりスキルが身に付かないということも起こります。

スクール等でバナートレース課題を多数添削してきた知見から、デザイン・制作スキルを効率よく身につける手順・トレーニング方法をご紹介します。

目次

お手本バナーの探し方

何にせよ、最初はここからですよね。
バナー探しに役立つ場所をご紹介します。

バナーデザインアーカイブ

URL:http://banner.keizine.net/
絞り込み検索:サイズ・色・業種
サイト自体に広告としてのバナーが貼られているので、一期一会で現役活躍中のバナーにも出会えます。

Banner Matome

URL:http://bannermatome.com/
絞り込み検索:色・業種・表現(手書き風とか)
更新は止まっているようですが、20,000点以上のバナーが紹介されています。申し分ない量ですね。

Bannnner.com

URL:https://bannnner.com/
絞り込み検索:サイズ・テーマ
業種ごとの検索はもちろん、季節イベント(春・クリスマス等)や『写真メイン』『縦割り』などのデザイン手法ごとにも探せるので、バナー練習にはうってつけかもしれません。

Retrobanner

URL:https://retrobanner.net/
絞り込み検索:サイズ・色・業種・テイスト
イラフォトがあれば必要ないかもしれませんが、バナーに使われている配色をカラーコードで見ることができます。掲載件数10,000点以上。

目についた物をストックしておく

そもそもネット上はバナーだらけですから、気に入った物を随時スクショorダウンロードするなどしておいてもいいですよね(あくまで個人の学習用として。著作権等気をつけてくださいね)

お手本バナーの選定基準

ネタには事欠かないバナートレースなんですが、選択肢が多すぎてどれを選んでいいかわからなくなってしまうかもしれません。
どのバナーを手本にするか。私は、以下の基準で決めることをオススメします。

カンタンにできそうなものをお手本にする

最初はラクしてください。
要素の数が少ないバナー、複雑なイラストが使われていないバナー等を選びましょう。

これにはちゃんと理由があります。
スキルを身につける前に、学習習慣を身につける必要があるんです。
最初は時間が上手く作れないとか、ちょっとした作業でつまづく等で挫折しがちなので、まずは超絶難易度の低い作品をこなして、成功体験を作ることをおススメします。

好きなものをお手本にする

これは説明のいらない話だと思います。
やっぱり好きなテイストのバナーをお手本にした方が、モチベーション上がりますもんね。

慣れてきたら『じゃない方』をお手本にする

実際の仕事では、自分の好みではないテイスト、興味のない分野のバナーを承ることがあります。
カワイイのが好きなのに、カッコイイを求められたり。
免許持ってないのに、自動車のバナーを請け負ったり。

好みのバナー制作が一段落したら、ぜひ守備範囲でない世界観にも挑戦してみてください。
新鮮かつ意外な発見が必ずありますよ。

バナートレースで意識しておくこと

続いて、学習時に気をつけたいことです。

当然そっくりに作る

基本はここですね。
要素自体を真似るのももちろんですが、その周囲にある余白、要素同士の整列、テキストであればカーニングなどにも気をつけてあげてください。

デザインの意図を想像してみる

バナーは広告です。
どんなターゲットに何を伝えたいのか、なぜその配色やフォントが選ばれているのか、必ず戦略を持っていますので、そのストーリーを自分なりに考えてみましょう。
バナートレースの最終目標は、ゼロから独力でバナー作成が行えるようになることです。
いずれ自分から提案していく立場になるわけですから、今のうちに予行練習しておきましょう。

これはスルーしていいと思うこと

先に言ってしまうと、完コピを目指すんだけど、完コピにこだわる必要はないと言うことです。
バナートレースの目的はアプリケーションの基本操作とデザインを学ぶ事なので、どうやって作っているのかどうしても読み解けない要素がある場合はスルーしてしまって大丈夫です。

フォントがわからないなら代替を使えばいい

スクールのバナートレース課題で、フォントを探すところから作業工程に含まれている場合がありますが、フォントデザインのプロを目指すわけではないので、『効きフォント』は必須事項ではないと個人的には思っています。
スクール課題であれば仕方ありませんが、独学であれば、手持ちのフォントから似ている物を選んで使えば十分です。

どうしても作り方がわからないならスルーしていい

経験を重ねるうちにいつかわかるので、スルーしましょう笑
汎用的な表現ならともかく、手本に選んだそのバナーだけにしか見られないようなテクニックであれば、そこに何時間も頭を悩ませる事は相当もったいないですよね。

完成時間は、意識はするが気にはしない

選んだバナーによって差が出るから、と言うのもあるのですが、時間に気を取られて作業に集中できなくなるのを避けてほしいというのが主な理由です。

最初は、学習の習慣をつけることが大切だとは、先程言った通りです。
「目安時間内にできなかった…」と自信をなくしてそのまま挫折するのは本当にもったいないです。
数をこなせば確実に制作スピードは速くなります。学習開始時は、完成時間は気にしないでください。

一方で、かかった時間を意識することはお勧めします。
そうすれば、次回いつ学習するかスケジューリングができますし、だんだん短時間で完成できるようになってくる自分の成長も確認しやすくなります。

まとめ

  • 最初は、カンタンにできるバナー、好みのバナーをお題にする
  • 慣れてきたら、表現の引き出しが増やせるようなバナーにも挑戦してみる
  • 完コピが目標だけれども、目的ではない
  • 学習目的に影響しない範囲で、わからない事はスルーしてよし
  • 当初は学習の習慣をつける事が大事。自分に優しく、楽しくトライ!

バナーというちいちゃな世界の中には、デザインの基本がたくさん詰まっています。
気に入ったお手本と楽しく戯れて、そのエッセンスを自分のモノにしていってくださいね。