Speaking Design

Blogブログ

ポートフォリオの作り方(1.形式編)

ポートフォリオの作り方(1.形式編)

就職・転職でも副業でも、Webデザインの世界に挑戦する上で欠かせないのがポートフォリオです。
私がご一緒している各種スクールや個人レッスンの受講者さんも、コース終盤に入ると、学習と同時進行でポートフォリオ作成を始め、就転職に備えます。

ここではまず、ポートフォリオの概要や形式についてご紹介。
『ポートフォリオの作り方(2.内容編)』ではポートフォリオの中身、具体的な掲載内容についてお話ししていきます。

目次

ポートフォリオとは

業界によって『ポートフォリオ』という言葉が指すものは異なりますが、Webデザインの世界では、自分の制作物をまとめた作品集のことを表します。
就職・転職活動の際には、履歴書・職務経歴書と合わせて必要になる事がほとんどです。

ポートフォリオ選考のタイミングは相手の選考フロー次第ですが、私の経験ではほぼ、最初の選考がポートフォリオ審査だった気がします。
一次選考がポートフォリオ審査、二次で面接、といった流れの場合、ポートフォリオが通らなければ、相手に直接自己アピールする機会も得られません。
Webデザイナーにとってポートフォリオとは、自分と相手を繋ぐための大切なコミュニケーションツールと言えるでしょう。

ポートフォリオの形式について

ポートフォリオのまとめ方ですが、Webデザインであれば、自分のポートフォリオサイトを作成するか、作品を印刷してファイリングしたブック形式として用意するかのどちらかが一般的です。また、両者の折衷案としてPDF形式で用意するという方法もあります。

これに関しては応募先によって指定されている場合もありますので、お目当ての企業があるなら、その規定に従った形式で用意することになります。

続いてWebと紙、それぞれの利点・注意点を見ていきます。

Webサイトとして作る場合

いわば『自分公式サイト』です。考えただけでワクワクしますよね。
ポートフォリオサイト制作に勤しむ学生、受講生さんをたくさん見てきましたが、やはり自己表現は楽しそうですし、自身の将来もかかっているという事で、一生懸命作ってましたね。

利点

メンテナンスが容易

印刷に比べて変更・修正が簡単なので、都度ブラッシュアップできます。

コーディング力のアピールができる

紙ではコードの知識や実力を伝えることは難しいですが、サイトであれば確実に見てもらえます。

偶然誰かの目に触れる可能性も

ネット上に公開することで、目的の企業や案件以外での新しいご縁ができる可能性もあります。

注意点

サーバーやドメインの準備

サイト運営に当たって、独自ドメイン(サイトのURL)やサーバーを契約する必要があります。
年間数千円程度とはいえ費用がかかること、またサイト公開のための作業が発生するので、初めての場合は高いハードルに感じるかもしれません。

コードをキレイにしておく

見られることを想定して、無駄な要素の削除やコメントの内容、インデントずれの修正等、入念に行っておきましょう。

レスポンシブ対応

駆け出しの場合、完璧に仕上げる事は難しいかもしれませんが、今や業界必須ですので、必ず対応しましょう。

素材の著作権

学習時に練習として制作した作品を掲載する場合、無断拝借した写真やイラストを使ったものがないか注意してください。それを公に披露すると問題になる可能性があります。
フリー素材に差し替えて作り直す、もしくは掲載を諦めるなどして、クリーンなポートフォリオにしておきましょう。
この観点から私は、課題制作はもちろんちょっとした習作でも、常にフリー素材を使うことを勧めています。

印刷で作る場合

続いて、ブック形式のポートフォリオです。
作品を印刷して、クリアファイル等にまとめるという作り方が一般的です。

利点

レイアウトの自由度

Webサイトでは収まらない構成も、紙面では可能になる場合があります。

掲載内容をコントロールできる

複数の企業にエントリーする場合、相手先に合わせてそれぞれ異なるポートフォリオを用意する事ができます。
作品を差し替えたり、テイスト違いでポートフォリオを数種類用意するといった事も可能です。
Webサイトで同じことを行うのも不可能ではないですが、印刷の方が作業負担が少ないですよね。

閲覧者が限られている

ポートフォリオを閲覧できるのは自分と相手先だけなので、例えば先にお話しした著作権に関して公の問題は起こりにくいと言えるでしょう。
とはいえ、権利関係をクリアしていないことは事実なので、予めその旨を記載しておく等のフォローはしておいた方がいいかもしれません。
こうした懸念点を残しておくと、自分自身が落ち着かなくなってしまうと思います。繰り返しになりますが、どんな作品でも、制作当初からクリーンな素材を使うことをお勧めします。

注意点

コーディング力はアピールしにくい

デザインやコンセプトメイキング等に比べ、印刷ではコードの実力を伝えることは難しいです。

印刷代

ポートフォリオサイトではサーバー代等の話をしましたが、こちらでは印刷代がかかります。
紙の場合は印刷自体のクオリティも大事です。一般的にポートフォリオの印刷は家庭用プリンターではなく、オンデマンド印刷などで行います。
スクールの学生達も、よく出力センター等に足を運んでいましたが、そこそこの費用にはなっていたようです。

紙とインクの選定

どの紙とインクを選ぶかで、ポートフォリオの印象が変わります。当然値段も変わってきますので、この辺りの選択能力が必要です。

ポートフォリオは返却されることが少ない

相手先に送ったポートフォリオは、選考結果に関わらず、返却されることはまずありません。
エントリー数だけ印刷しなくてはいけないのはなかなか負担になります。

修正が大変

Webサイトと違い、印刷後の修正はできないので、特に事前の内容確認を行っておきましょう。

形式を決めたら、次は内容を考えよう

以下、ここまでのまとめです。

  • Webデザイナーになるなら、ポートフォリオは必須
  • ポートフォリオのまとめ方はWebサイトかブック形式のどちらかがほとんど
  • 企業によって、提出形式が定まっていることもある
  • Webと紙、それぞれのメリット・デメリットを考慮して、自分なりの選択を

アウトラインが見えてきたら、次に確認したいのは掲載内容ですよね。
それに関しては『ポートフォリオの作り方(2.内容編)』で紹介していますので、ぜひご覧ください。