Speaking Design

Blogブログ

プロになるなら覚えておいて。WordPressのテーマとプラグインの話

プロになるなら覚えておいて。WordPressのテーマとプラグインの話

WordPressを勉強していると、『テーマ』『プラグイン』という言葉に何度も出くわすと思います。
すでにいくつか試した方もいらっしゃるでしょう。
良かれと思って使ったはずが、思い通りにできなくて逆に困ってしまったこともあったのでは?

便利な反面、気をつけないと私たち制作側が振り回されてしまうテーマとプラグインに、プロとしてどのような距離感で付き合っていけばよいかについて見ていきます。

目次

WordPressのテーマとは

WordPressには無料/有料で使えるサイトデザインの雛形が用意されています。これをテーマと呼びます。
例えば有名なブログサービスであるAmebaブログでは、アメブロが提供するデザインのスキンの中から好きなモノを選んで、自分のブログで使う事ができますよね。
同様の考え方で、WordPressでも気に入ったテーマを利用すれば、CSSなどがわからなくても、それなりのデザインのサイトを作る事ができます。
これが『WordPressを使えばカンタンにサイトを作れる』と言われる理由の一つです。

WordPressのプラグインとは

WordPressにおけるプラグインとは、拡張機能の事を指します。
デフォルトの状態でも、記事の追加や修正、カテゴリー分類といった基本機能は十分に備えているWordPressですが、プラグインを使うと、例えばサイトに問い合わせフォームを設置したり、全ページに一気にSNSシェア用ボタンをつけたりなどといった事ができるようになります。

プラグインも無料/有料のものが多数提供されているので、目的に適ったものを探してインストールする事で、自ら同様の機能を開発する必要なく、多機能なサイトに仕立てる事ができるようになります。

プロとしてのテーマとプラグインとの付き合い方

リッチなサイトがカンタンにできるテーマとプラグインですが、その仕様次第では、カスタマイズの可能性が制限される場合があります。

またまたAmebaブログの例を出しますが、デザインの抜本的は変更はできても、微調整は難しかったり、変更不可な箇所があったりしますよね。それと同様の事がWordPressのテーマで起こるということです。

プラグインの場合も、期待通りの機能を実現するプラグインが見つからなかったり、複数のプラグインを利用した際に、互いの相性が悪くて干渉してしまう可能性もあります。
個人利用であれば、その辺り妥協できる部分かもしれませんが、お仕事となるとそうは行かない、という事は心得ておく必要があります。

知識があれば、ホントはテーマもプラグインもいらなくなる

テーマもプラグインもいわば第三者が作ってくれたものですので、完全に自分の思い通りになる物が存在しない場合もあります。

だったら自分で作ってしまえばいいのでは?

プラグインに関しては、内容次第ではプログラマー・エンジニアとしての本格的な知識が必要になりますが、テーマに関しては結局HTMLとCSSが基本なので、Webデザイナーでも自作することができます。
実際私も、これまでWordPressの案件は全て自作テーマでご提案してきました。既存のテーマを使った事は一度もありません。
WordPressのご相談をこれまでいろいろ受けてきましたが、自作テーマが作れるという事、意外と知らない人も多いんですよね。

自作テーマの作成にはPHPとの絡みがちょっと入るので、その分追加で勉強が必要になりますが、それほど難しくはありません。
現在WordPressを利用していて、インストールしたテーマのコントロールに苦戦されている方、要領だけわかれば自分でテーマを作った方が圧倒的に効率よく制作できますので、興味があったら是非チャレンジしてみてください。

まとめ

  • テーマやプラグインを組み合わせて、簡単にカスタマイズできるのがWordPressのいいところ
  • 採用したテーマやプラグイン次第では、カスタマイズに制限があるので、自作できると安心
  • 特にWebデザイナーなら自作テーマの作成能力は欲しい

WordPressのお仕事において、無料/有料テーマやプラグインを駆使して何とかする、というやり方も確かにありますが、これまで結構苦労してきたよ〜という方、これを機に是非、自作テーマやプラグインの作成等にチャレンジして、ワンランク上を目指してみては。