Speaking Design

Blogブログ

初心者からバナー作成の副業は始められる?必要スキルと相場もご紹介

初心者からバナー作成の副業は始められる?必要スキルと相場もご紹介

副収入を増やしたい。
自分らしい豊かな生活を実現する副業の手段として、バナー制作を検討する方が増えています。

だけど、新しい事を始める時には、期待とセットで不安もついてきますよね。
「初心者・未経験だけど本当に可能なの?」
「何をどのくらい学んで、どのくらいの収入が期待できるの?」

準備を始めてから短期間でバナー制作者としてデビューされた方、私はこれまでたくさん見てきましたよ。
ここではバナー制作に関する必要スキルと相場、また専業としての可能性についても一緒に見ていきましょう。

目次

バナー制作のお仕事とは

お客様からいただいた素材を組みあわせて、ご要望のサイズでバナーを制作するお仕事です。

バナー素材の例
・キャッチコピー等のテキスト
・会社や商品・サービスのロゴ
・イメージ写真やアイコン

表面的に求められているのは制作業務だけですが、バナー本来の目的を考えると、見た人がクリックしたくなるような魅力あるバナーを作成するというのがデザイナーの役割と言えます。

未経験でも大丈夫

バナーのデザインは、未経験でもトライしやすいお仕事です。

一枚絵であるバナーは、言ってしまえばテキストや画像を組み合わせるだけですので、それほど難しい技術は求められません。
私の専門分野であるWeb制作を学習するためのスクールでは、初期の課題として大抵バナー制作が提示されます。
入学されるのはほとんど未経験の方々ですが、みなさん学習を開始して数ヶ月程度でバナーが作れるようになります。

そのくらい、とてもカンタンだということですね。

仕事も豊富にある

パソコンやスマホを見れば一目瞭然。あちらもこちらもバナーだらけですよね。
どれも当然、誰かの手によって生み出された作品です。つまりそれだけ仕事の数はあるということです。

お仕事に必要なモノ

画像編集ができるアプリケーション(の入ったパソコン)だけです。
アプリケーションに関しては選択肢がたくさんありますが、プロ仕様として一番シェアが高いのはAdobe社のIllustratorとPhotoshopで、使用料金は現在サブスク制になっています。

もっと安価で買い切り型のアプリケーションもありますから、初期投資を抑えたいという意味では両者は敬遠したくなるかもしれません。
実際、スピードとクオリティさえ担保できるなら、どのアプリケーションを使っても問題ありません。
ただ、プロの制作・デザイン業界ではIllustratorとPhotoshopがスタンダードですので、将来的に専業デザイナーになることを検討しているのであれば、早いうちに触って親しんでおくのがいいでしょう。

デザイナーの求人でも、募集要項に必須と言っていいくらい『Illustratorが使えること』のような記載が入っており、代替アプリケーションの知識が求められる事はあまりありません。

学習時間の目安

IllustratorやPhotoshopに関わらず、画像編集アプリケーションの基本操作はそれぞれ12時間程度でマスターできます。
その根拠ですが、私が承っているIllustrator等のセミナーが大体6〜8時間×2日、個人レッスンのカリキュラムが週1で3時間×4週なんですね。

Webデザインでなく、バナー制作スキルだけを考えるなら、テキストや動画教材を利用した独学で十分学習可能です。
その際はもう少し時間がかかるかもしれませんが、おおよそこの見積もりからは外れないと思います。

というわけで、アプリケーションの習得時間は平均値が見えるのですが、この先にあるのがデザインスキル向上のための学び。
これに関しては本当に個人差があるので、どうしても具体的な時間を定義できない部分です。

バナー制作の相場

バナー1件につき数千円というところが相場です。
いろいろ検索すれば、この数字の裏取りができると思います。

一見悪くない金額にも見えそうですが、小さいエリアの中に必要要素をもれなく詰め込み、かつ見やすくまとめあげるバナー制作は、意外と時間のかかる作業です。1件5,000円で承ったバナーの制作に半日かかってしまった、というのも十分ありえる話です。

また、実際のお仕事ではお客様のフィードバックに応える必要があります。

『もう少しコピーを目立たせて』『商品写真を大きくして』等のご要望をクリアしてようやく完成となりますので、作業時間の割にはそれほど大きな利益は望めない、というのが正直なところです。

バナー制作はおすすめか

と言うわけで、未経験からでも副業として簡単に始められるバナー制作ですが、理想の副業となりえるかは、毎月の作業時間に対してどのくらいの副収入を期待されているか次第になります。

じゃあ、他の副業を探そうかな…と思った方、ちょっと待ってください。
バナー制作の副業をWebデザイナーになるための準備期間と捉えてみると、大きく話が変わります。

バナーデザインを通じて習得したアプリケーション操作とデザインスキルは、Webデザインでそのまま活かす事ができます。

Web制作であれば数十万〜数百万の案件もありますし、専業にすることも可能ですので、世界が大きく広がります。

そもそも副業としてバナー制作を検討されたということは、もともとデザインや創作に興味があったということではないでしょうか。
この際思い切って、専業デザイナーになることを目指してみませんか?
その最初のステップとして、バナー制作の副業は大いにおすすめします。

まとめ

  • 初心者・未経験からバナー制作を副業にすることは可能。
  • アプリケーション操作の習得時間目安はそれぞれ12時間程度。
  • バナー制作の相場は1件数千円程度。
  • 制作に時間をかけすぎてしまうと、対価が見合わない場合も。
  • バナー制作の副業は、Webデザイナーを目指すための最初のステップとしてオススメ。

正直に書きました。いい話も悪い話もあったと思いますが、いかがでしたでしょうか。
副業としてのバナー制作は未経験から短期で始める事が十分可能ですが、そこに留まってしまっては勿体ないです。

デザインに興味のある方、自分の個性を生かして自由に働きたいという方は、その先のWebデザイナーなどもぜひ視野に入れて、ご検討ください。