Speaking Design

Blogブログ

未経験でWebデザイナーを目指す時、WordPressは必要?

未経験でWebデザイナーを目指す時、WordPressは必要?

Webデザインに関して情報収集していると時たま目にする『WordPress』。
勉強しておいた方がいいの?
できないと仕事できないの?
そもそもWordPressって何なの?

学習検討中、もしくは学習を始めたての段階だと心配になっちゃいますよね。

WordPressの知識を持っていると、Webデザイナーとしての仕事の幅は大きく広がります。
一方で、WordPressはWeb制作の必須スキルではないので、学習は後回しにして大丈夫です。
というか、基礎を押さえてからでないと理解できないはずです。

私がスクールでWordPressを教えていた時も、初心者は対象ではありませんでした。
ワークショップを開催する時も『最低限のHTML/CSSは理解できる方が対象』とあらかじめご案内しています。

ここではWordPressの概要に加え、学習するメリットやタイミングについて解説します。

目次

そもそもWordPressを使うメリットとは

WordPressを利用してWebサイトを運営すると、内容の追加・更新・修正等、サイトの管理ががラクになります。
例えば1つのWebサイトにおいて、以下のようなメンテナンスをする場合を考えてみます。

A.任意のページの文章を修正する
B.新しいページを追加する
C.グローバルナビゲーションの並びを変える

すでにWeb制作の勉強を始められている方なら、上記に関してどのような作業をするかイメージがつくはずです。

A.任意のページの文章を修正する→HTMLファイルを開いて、該当箇所を修正する
B.新しいページを追加する→HTMLファイルを新規で追加作成する
C.グローバルナビゲーションの並びを変える→サイト内にある全てのHTMLファイルの該当箇所を変更する

どれも難しくはない内容ですが、ある意味面倒な作業とも言えますよね。
特にC.なんて、もし1,000ページもあるような大規模サイトだった場合、相当な時間がかかるかもしれません。
WordPressを使うと、こうした変更が簡単に行う事ができるようになります。

イメージして欲しいのは『Amebaブログ』や『はてなブログ』のようなブログサービスです。
Web制作に関する知識がないユーザーでも、カンタンに記事を増やしたり修正したり、カテゴリーの並びを変えたりできますよね。
WordPressを使うと同様の仕組みを持ったサイトが構築できる、ということです。
ちなみに、こうしたシステムのことをCMS(Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム)と言います。

実はWordPress自体、もともとブログサイトを作成するためのサービスとしてスタートしています。
しかし、こうした便利な管理機能はブログ以外の運営にも便利なため、現在は企業の公式サイト等、いろいろなジャンルのサイトで利用されています。

WordPressを学ぶメリット

ここからは、お仕事としてのWordPressを見ていきます。

需要は多い

WordPressで構築されたサイトが多い、ということは当然関連の案件も多く存在しますので、扱えるようになればお仕事の幅も広がります。

競合に比べて、シェアも高く、息が長い

実はWordPressと同等の機能を持ったシステムもいくつか存在しています。
名前だけ紹介すると『MovableType』『Joomla!』『Drupal』といったものが代表的なのですが、聞いたことありますか?
経緯は省きますが、現時点ではWordPressが世界でもダントツのシェアとなっています。

学ぶ側としては、せっかく苦労して使いこなせるようになった技術の需要が減ってしまったり、システムの更新が終了してしまうのは困りものです。
遠い将来のことはわかりませんが、現時点ではWordPressは、長期においてたくさんのプロジェクトで使用されていますので、学び損にはならないはずです。

編集・更新作業が楽になる・減る

WordPressを使うとサイトの運営が楽になりますので、そのメンテナンス作業をWeb制作知識をお持ちでないクライアント様側に行ってもらうことも可能になります。
お客様とWebデザイナー、サイトリリース後の運営をどちらで担当するかについては、その都度お話をして決めておくといいと思います。
ただし、全体のデザインを抜本的に変える等、大規模な変更に関しては私達プロのWebデザイナーが担当する必要があります。

WordPressは学習必須か

需要が多いWordPressですから、Webデザイナーとしては扱えるようになった方が当然有利です。
ただ『Webサイトを作るための技術』という意味では、WordPressはマストではありません。
まずはHTMLとCSS、IllustratorやPhotoshop等をしっかり扱えるようにしましょう。

また、本質的な意味でWordPressを理解するには、結局HTML/CSSへの理解が大前提になりますので、こうした基本言語の学習を後回しにしたり、同時進行でWordPressを学ぶ事はできません。

WordPressの学び方

ある程度思い通りのWebページが作れるようになったな、と感じたら、WordPressの学習を始めても良いタイミングです。
WordPressの学習方法はたくさんあります。

スクールで学ぶ

WordPressのコースを設けているスクールで学ぶ事ができます。
WordPressがWeb制作に必須でないという事は先程お話ししました。そのため、コンパクトなスクールによってはコースが用意されていなかったり、オプション(追加料金)で勉強できるといったケースもあるようです。

書籍や動画で学ぶ

HTMLやCSSはそこそこ大丈夫という段階になったら、WordPressに特化したテキストや動画レッスンを利用して独学で学んでも十分理解できるはずです。

まとめ

  • WordPressを使うとサイト管理が楽なので、需要が多い分、仕事も多い
  • 学習の優先順位としては必須ではない。まずはHTML/CSS等の基本勉強を優先に
  • 学習は、スクールでも書籍や動画でも可能
  • WordPressを使いこなすなら、結局Web制作の基本知識が必要

Webデザイナーになることを意識すると、WordPressというキーワードを至る所で見聞きするはずです。
『できるようにならないと仕事がない』『最初からマスターすべき』等、いろいろ煽られることもあると思いますが、物事には順番があります。
基礎を丁寧に学んでおけば、いざWordPressを始めた時もすぐにマスターできるはずですので、焦らず安心して勉強していきましょう。